【外国為替】通貨変動一覧表(2013年4月版)

ファイナンシャル・プランニング 金融・経済

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の所要時間: 520

こんばんは!当ブログ管理人のハヤト(@hayato_k0315)です。いつも訪問ありがとうございますm(_ _)m

毎月恒例の対ドル・対円の通貨変動一覧を作成しました。

⇒ 先月分

対ドル通貨の変動一覧表(2013年4月版)

通貨 為替レート
(13/05/01)
為替レート
(13/04/01)
変動額(pips) 変動率(%)
USD/JPY 97.14 93.89 325 3.46
EUR/USD 1.3179 1.2799 380 2.97
GBP/USD 1.5570 1.5192 378 2.49
AUD/USD 1.0283 1.0398 -115 -1.11
NZD/USD 0.8507 0.8357 150 1.79
USD/CAD 1.0074 1.0174 -100 -0.98
USD/ZAR 9.0399 9.2566 -217 -2.34
USD/BRL 2.0047 2.0221 -174 -0.86

※ZARのpipsは一般的な取引単位に修正済み。USDが上昇している通貨ペアは赤文字。

4月中、為替相場に一番の影響を与えたのは、やはり日銀の異次元緩和でしょうね。「物価目標2%」、「マネタリーベースを2014年度末までに2倍に増やす」、「年の国債発行額の約7割を日銀が購入」、「より残存期間の長い国債も購入対象」などです。

異次元緩和の発表で、為替市場では後一歩で100円というところまで一気円安が進行しました。また、それにともなって株式市場も上昇。

ただ予想外だったのは、債券市場で先物価格が乱高下して、何度かサーキット・ブレーカーが発動したことですね。日銀が長期国債を買いまくることで、長期金利が低下すると思われたのですが、何故か金利が上昇したりと不安定です。

恐らく長期的には景気が回復して、金利が上がるだろうという思惑が市場にあるのだと思います。長期金利の上昇は、関連する住宅ローンの金利の上昇にもつながるので、実生活にも影響が出てくるかもしれませんね。

「こんなに日銀が国債を買い取って、これまで以上に借金が増えるんじゃないの?」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういうわけではありません。

年間の国債の発行額120兆円のうち新規国債発行額は、約43兆円とこれまでと大きく変わっていないので大丈夫です(^-^)残りは「借換債」というこれまでの借金を払うための国債で、今までも行われていることです。

また、「日銀が7割も国債を買い入れるなんて直接引受と変わらないよね。」と思われる方もいらっしゃると思います。そもそも「直接引受」は、市場に流通する前の新発債を日銀が買い取るものです。今回の政策でも、一度市場に出た国債を買うので、直接引受ではありません。

「外に出てもすぐに日銀が買うんだから、事実上直接引受と変わらないでしょ?」と言われればそれまでですが、個人的な捉え方では、直接引受そのものは、政府が無限に借金をできるようにする仕組みで、今回はそれを目標にしているわけではないので、この点からでもやはり直接引受ではないと考えています。

対円通貨の変動一覧表(2013年4月版)

通貨 為替レート
(13/05/01)
為替レート
(13/04/01)
変動額(pips) 変動率(%)
USD/JPY 97.14 93.89 325 3.46
EUR/JPY 128.02 120.17 830 6.93
GBP/JPY 151.25 142.64 914 6.43
AUD/JPY 99.89 97.63 263 2.70
NZD/JPY 82.64 78.46 447 5.71
CAD/JPY 97.86 92.28 592 6.44
ZAR/JPY 10.75 10.14 640 6.34
BRL/JPY 48.46 46.43 220 4.75

※ZARのpipsは一般的な取引単位に修正済み

2013年4月の通貨力順位

順位 2013年4月 2013年3月
1位 ユーロ 豪ドル
2位 カナダドル NZドル
3位 英ポンド 英ポンド
4位 南アフリカランド カナダドル
5位 NZドル 米ドル
6位 ブラジルレアル 日本円
7位 米ドル ユーロ
8位 豪ドル 南アフリカランド
9位 日本円 ブラジルレアル

 

 

 

 

 

 

 

 

※順位が上がった通貨は赤文字

4月は米国の指標が予想以上に悪いものが多かったためか、米ドルがやや弱くなりました。また日本円が弱いのは、もちろん異次元緩和の影響です(^_^;)

豪ドルも弱かったですね。「また金利を引き下げるのではないか?」、「中国経済もいまいちパッとしない」ことが影響してるんでしょうね。

ユーロやポンドが強くなっていますが、これは米ドルや日本円から一部資金がシフトしただけのような気がします(^_^;)ユーロ圏が良くなっているようには見えないので。

4月はこれまでとは異次元な月になりました。来月以降、異次元緩和がどのように市場に影響を与えてくるのか、良くも悪くもワクワクですね((o(´∀`)o))ワクワク

ちなみに管理人はボラが高い相場が好きです( ^^)P☆(xox)ポカッ

★参考サイト

⇒ 【外国為替】通貨変動一覧表(2013年3月版)

★おすすめ記事



【これは便利】日常生活に欠かせない!カテゴリ別買ってよかった商品一覧 | 快適風味


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




★その他のおすすめ記事






« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...