【政策金利】政策金利ランキング2013年2月。BRICS(ブリックス)はやはり高金利!

金融・経済

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の所要時間: 226

こんにちは!当ブログ管理人のハヤト(@hayato_k0315)です!

今回は、政策金利をランキング形式でご紹介します。ほとんどのサイトでは主要国(米国、ユーロ圏、日本、イギリス、オーストラリアなど)の政策金利しか掲載されていないので、新興国も含めた政策金利を高い順からランキングしてみようと思いつきました。

あまり需要はないかもしれませんが、トルコ、メキシコなどマニアックな投資信託を購入している方にはご参考になるかと思います。

それでは、2013年2月の政策金利ランキングです。

政策金利ランキング(2013年2月版)

順位 国名 政策金利(%)
1 エジプト 8.25
1 ロシア 8.25
3 インド 7.75
4 ブラジル 7.25
5 中国 6.00
5 アイスランド 6.00
7 ハンガリー 5.50
7 トルコ 5.50
9 南アフリカ 5.00
10 メキシコ 4.50
11 ポーランド 3.75
12 オーストラリア 3.00
13 韓国 2.75
14 ニュージーランド 2.50
15 ポーランド 3.75
16 台湾 1.875
17 ノルウェー 1.50
18 カナダ 1.00
18 スウェーデン 1.00
20 EU 0.75
21 英国 0.50
21 香港 0.50
23 米国 0.00~0.25
23 スイス 0.00~0.25
24 日本 0.00~0.10
25 チェコ 0.05

BRICSの金利がやはり高いですね。

B ブラジル 7.25%

R ロシア 8.25%

I インド 7.75%

C 中国 6.00%

この中で投資信託や債券で投資できるのはブラジルでしょうか?ロシアや中国も株なら投資できますけどね。投信や債券で金利の恩恵を受けられるはブラジルでしょうね。ただし、高金利通貨は突然暴落する可能性もあるので、それも踏まえて投資する必要があります(リスク管理が得意な人向けです)。

それにしても先進国の金利って本当に低いですね。ほとんどが1%以下ですよ。オーストラリアも今は3.00%ですけど今後どうなるか?

米国は景気が回復傾向にあるので政策金利を上げてくるかもしれません(今年は上げるかは分かりませんが)。AUD/USDも最近は下落傾向にあるのは、豪と米国の金利差が縮小する可能性を織り込んでいるのかもしれませんね。



【これは便利】日常生活に欠かせない!カテゴリ別買ってよかった商品一覧 | 快適風味


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




★その他のおすすめ記事






« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...