【Twitter】効率的にフォロー解除する「ManageFlitter(マネージ・フリッター)」

IT・情報

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の所要時間: 232

こんばんは!当ブログ管理人のハヤト(@hayato_k0315)です。いつもご訪問ありがとうございますm(_ _)m

Twitterでは、フォローアカウント数が2000を超えるとフォロー数の制限が課せられて「フォロワー×1.1」までしかフォローできなくなります。

なので、効率的にフォロー管理をしなければ、いつかは制限に引っかかってしまいます(^_^;)

そんなときに役に立つのが、「ManageFlitter(マネージ・フリッター)」というサービスです。

このサービスを使用すれば、「30日以上ツイートがない」等の属性を指定して効率的にフォロー解除ができます。

それでは「ManageFlitter」について早速使用方法をご紹介したいと思います(^-^)/

ManageFlitter(マネージ・フリッター)の使い方

下記サイトから「ManageFlitter」に新規登録します。

⇒ ManageFlitter

英語のサイトなので若干分かりにくいですが、画面上の[Sign Up]から新規登録行いましょう。

まずは、あなたをフォローしているアカウントが読み込まれます。フォロワー数が多いと若干時間がかかります。

2013 06 11 0457 w548 h320 【Twitter】効率的にフォロー解除する「ManageFlitter(マネージ・フリッター)」

使い方ですが、左側の項目でアカウントの属性を絞り込むための条件を指定します。

今回は、[No Profile Image]を選択してみました。するとプロフィール画像が初期の「たまご」のアカウントの一覧が表示されます。

フォロー解除したいアカウントごとにチェックを行い、右側の[Unfollow 人数 Selected]で×ボタンを押すとフォロー解除出来ます(上の画像の赤枠の説明です)。

また、[First Select](青枠)を選択すると、一括でフォロー解除が可能です。個人的には一括でフォロー解除する人数は、5人くらいまでに抑えた方が良いと思います。

一度にアンフォローしてアカウントを凍結される危険がありますからね。

なお、ManageFlitter(マネージ・フリッター)の使用方法を紹介した動画がありましたので、興味が有る方はご参考にどうぞ(^-^)

FriendorFollowと比較して、効率的にフォロワー管理ができるのがこのサービスの魅力です。あまり解除しすぎてアカウントを凍結されない程度にご活用くださいね(≧∇≦)/

★今回紹介したサービス

⇒ ManageFlitter

★類似のサービス

⇒ friendorfollow

★おすすめ記事



【これは便利】日常生活に欠かせない!カテゴリ別買ってよかった商品一覧 | 快適風味


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




★その他のおすすめ記事






« »

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...